ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

【1歳児の手足口病】高熱・口内炎・発疹の経過記録。食事内容を詳しくご紹介

 

2017年の夏、当時1歳3ヶ月の息子が手足口病に罹患したときのお話です。

 

高熱を伴う病気になったのはそのときが初めてでした。

しかも、手足口病についての知識がない状態だった私。

そのときの体験談を綴っていきます。
   

今回の記事では、

お子さんが手足口病に罹ってしまい、色々な情報がほしい方に向けて書きました。

口内炎で食事なども限られるので、わが家であげた食事などもご紹介しています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

そもそも手足口病って?

子どもの風邪としてはメジャーな手足口病。

でも、はじめてだとわからないことが多いですよね。

私もそうだったので、調べたことを簡単にまとめました。

・ 夏風邪の一種
発熱口内炎手足の水疱性発疹が特徴
・ 口内炎の痛みから飲食がとれないこともある。脱水症状に注意が必要
・ 発熱は数日程度で収まるが、発疹が消えるには1~2週間程度かかる
・ ウイルスが原因のため特効薬がない。高熱の場合、解熱剤が処方されることがある
・ 手足口病の90%が5歳以下の子ども
・ 大人への感染は0.6%程度。ただし、子どもよりも症状が重くなる傾向にある

手足口病に罹ったときの息子の様子

息子の様子を症状別(発熱、口内炎、発疹)にまとめました。

発熱

最初に現れた症状は発熱でした。

気づいたときにはすでに体温が38.6℃あり、ぼーっとしている様子でした。

 

はじめての高熱、しかも夜中…

心配でたまらず、東京都医療機関案内サービス ひまわり経由で、救急救命センターに問い合わせをしました。

 

すると、

①水分は取れている
②おしっこがでている
③日中は普段通り

だったため、朝まで様子を見ることになりました。

 

朝起きて、一度は37度代に熱が下がりました。

ですが、昼前には39.1℃にまで上昇し、ぐったりしていたので病院へ。

 

処方された解熱剤のおかげで1時間で39.1℃→38.4℃になりました。

最終的には、約1日半で37.5℃を下回りました。

口内炎

病院での診察の際に、たくさんの口内炎ができていることがわかりました。

大好きなクッキーですら痛くて吐き出してしまった息子…

そのため、しばらくはやわらかい食事をあげていました。

 

食事内容は後ほど紹介しますね。

 

そして、母乳も半日程度、飲めなくなりました。

一口吸っては離して…を繰り返していました。

どうして飲めないのか、息子自身もわからないような顔をしていました。

 

普段は、夜中も寝ながら母乳を飲む息子。。

でも、その夜は飲めずに何度も泣いて起き、抱っこで寝かしつけました。

 

幸い、翌朝には飲めるようになりました。

おっぱいを飲むのに支障のある口内炎がなくなったのか、

『おっぱいを飲みたい!!』という息子の意地なのか、

…どっちかわかりませんが、良かったです( ´ω`*)

 

授乳ができるようになったときに、試しにクッキーをあげてみました。

が、口内炎が痛いようで吐き出してしまいました。

 

発熱した日を含め、5日程度は固形のものは食べるのができませんでした。

発疹

日付順にまとめます。

2週間弱で発疹はなくなりました。

 

1日目(高熱が出た日):発疹なし。

2日目:おしりの下側に少しずつ発疹が現れた。

3日目:肩~腕~肘、おしり~太もも~膝(特に裏側)に発疹ができた。数は多い。
      おなかや背中にもうっすらと発疹あり。この部位にできた発疹は1日で消えた。

4日目:ふくらはぎ~足のつま先に発疹が広がる。
      足のつま先にできた発疹は真っ赤で、今までできた発疹の中で一番痛そう。

5日目:新たにできた発疹はなし。

6日目:ほとんどの発疹がかさぶたになった。

8日目:おしりと腕の発疹はほぼ消える。

11日目:足のつま先以外の発疹はすっかり消えた。

14日目:足のつま先のみ皮がむけた。その後1週間ぐらいできれいになった。

 

たくさんの部位に発疹ができましたが、痛みや痒みなどは何も感じていないようでした。

発疹が出ていても元気に動き回っていましたし、体を引っ掻くこともありませんでした。

 

余談ですが、

大人が手足口病に罹ったときにできた発疹はとても痛く、歩くことですら辛かったです…

息子が食べられたもの

口内炎ができることで食べ物に制限がかかりました。

 

病院の先生によると、

そうめん、卵豆腐、ヨーグルト、ゼリーなど、冷たくてツルっと食べられるものがいいとのことでした。

 

また、野菜不足を補うために、離乳食初期向けのベビーフード(野菜、おかゆ)をあげました。

 

実際にあげたものご紹介します。

炭水化物

キューピーベビーフード 野菜だし仕立てのおかゆ(5か月~)
・ そうめん

タンパク質

・ 卵豆腐
・ ヨーグルト(ベビーダノン)

野菜

キューピーベビーフード かぼちゃとさつまいも(うらごし)((5か月~)
キューピーベビーフード にんじんとポテト(うらごし)(5か月~)
キューピーベビーフード 緑のお野菜とさつまいも(うらごし)(5か月~)
キューピーベビーフード 北海道産コーン(うらごし)(5か月~)
・ キューピーベビーフード 白身魚とポテトのクリーム煮(5か月~)
キューピーベビーフード ささみと緑黄色野菜(7か月~)←7か月~ですが裏ごしされているものです

デザート

息子の場合、甘いものをあげないと食が進まないので…野菜と交互にあげていました。

キューピーベビーフード ももと白ぶどう(5か月~)
キューピーベビーフード トマトとりんご(5か月~)
キューピーベビーフード 3種のくだもの(5か月~)
キューピーベビーフード バナナプリン(7か月~)
キューピーベビーフード ミックスフルーツ(7か月~)

知っておきたい便利なサービス

緊急時の発熱などの際に便利なサービスをご紹介します。

東京都医療機関案内サービス ひまわり

東京都限定の便利なサービスです。

24時間対応で近くの病院を探してくれます。

 

今回は、夜中に高熱が出たため、夜間診療可の病院を探すために電話しました。

TEL:03-5272-0303(365日24時間対応)
http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp

インターネットでも探せます。

でも、緊急時は電話でオペレーターに調べてもらったほうが早いと思います。

小児用救急電話相談

こちらは全国区のサービスです。

ただし、時間が限られます。

今回は利用しませんでしたが、息子のことで相談したいことがあるときに何度か利用しています。

TEL:#8000
http://kodomo-qq.jp/?pname=n8000

まとめ

簡単にですが、手足口病のときの息子の様子、食べられたもの、知っておきたいサービスについてまとめました。

お役に立てれば嬉しいです♪

 

それから、この記事を読んでくださる方々にご忠告…

くれぐれも、親への感染には気を付けてください!!

 

どこのインターネットの情報も、大人への感染確率は0.6%と記載されています。

1000人中6人…だから自分が感染するわけはないと油断していました。

ですが…

我が家では、”夫婦”揃って手足口病に罹ってしまいました!!

1000人中6人のうち2人が、ここにいるというのは中々のミラクルですね(苦笑)

 

大人の手足口病は大変でした。

絶対に!
もう二度と!
罹りたくない!!

…と私も夫も思っています。

 

大人の手足口病については、こちらの記事にまとめています。

これを読めば、その壮絶さがわかるかと…

【実録】大人の手足口病。夫婦2人の地獄の日々を記録 - リケジョ主婦の子育て, etc.

体調を崩しながらの育児、仕事、家事は想像以上に大変です。

感染予防はしっかりと行ってくださいね。

そして、早くお子さんが元気になることを、インターネットの向こう側から祈っています。