ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

立ち会い出産はしないで正解!ひとりで産んだ体験談を赤裸々に書いてみた

立ち会い出産をしない理由とひとりで産んだ体験談を赤裸々に書いてみた

 
わたしたち夫婦は立ち会い出産をしませんでした。

 

産後、その話を出産を控えている友人たちにすると、

「え、なんでしないと決めたの?」

とたびたび聞かれました。

 

最近は、立ち会い出産が主流ですよね。

そんな中、立ち会い出産をしないわたしたち夫婦は珍しかったようです。

 

この記事では、わたしたちが「立ち会い出産をしない」と決めた理由を7つ紹介していきます。

また、立ち会い出産をせず、ひとりで出産に臨んだ感想も赤裸々に書いていきます。

 

立ち会い出産をするかしないかで悩まれているご夫婦の参考になれば嬉しいです。

「立ち会い出産はしない」と決めた理由

わたしが出産した病院では、夫のみ立ち会いが可能でした。

 

立ち会い出産について話題にあがったとき、

 
わたし 「立ち会い出産はしてほしくない」

夫 「立ち会い出産はしたくない」

 

このような感じで意見が一致し、立ち会い出産をしない運びとなりました

 

それでは、わたしと夫が立ち会い出産をしたくなかった理由をそれぞれ紹介します。

「立ち会い出産はしない」 妻(わたし)の理由

  • 陣痛の痛みで、不細工になるであろう顔を夫に見せたくない

  • 股を広げる姿を夫に見せたくない

  • 夫が妻を女性として見られなくなる可能性があるという話を聞いてゾッとした

  • 出産は【女1人で頑張るもの】というわたしの固定観念がある

 

これらの理由を友人に話したら、「女の子だね~」と笑われました。

「立ち会い出産はしない」 夫の理由

  • 血を見るのが無理

  • 生々しいのが無理

  • (血を見た結果)失神して、周りに迷惑をかける恐れがありそう

 

ちなみに夫は、パパママ学級の資料の胎児のリアルな絵でさえ、気持ち悪いと言っていました。

 

助産師さんの話だと、リアルな絵を気持ち悪いという男性はそれなりの数いるそうです

 

余談。

立ち会い出産をするために献血でトレーニングした人も↓↓

夫の鏡だわ!!!!!

「立ち会い出産はしない」 ひとりで産んだ体験談

上記に挙げた妻側の理由。

  • 陣痛の痛みで、不細工になるであろう顔を夫に見せたくない

  • 股を広げる姿を夫に見せたくない

  • 夫が妻を女性として見られなくなる可能性があるという話を聞いてゾッとした

 

これら3つの理由の体験談を赤裸々に書いていきます。

不細工な顔を見られなくて良かった

出産した日が休日だったこともあり、陣痛中は夫が付き添ってくれました。

 

陣痛中も相当不細工な顔だったはず…

 

まあしょうがないよね…
想像したこともないような、ものすごーーーーーーい痛みだったんだから!!

夫は、あまりの痛さに悶絶しているわたしを見て、陣痛じゃなくて、その衝撃で内蔵が破壊されたんじゃないか…とか考えていたんだとか(笑)

 

でも、分娩時は陣痛に耐えているとき以上の痛みでした!!

 

そして、看護士さんからの指示も意味不明。

 

「顔のパーツを真ん中に寄せて!!!!」

「目を見開いて!!!!」

 

このような完全に意味不明な指示がさく裂。

 

なぜか冷静に聞いていたわたしは、「夫がいなくてよかったー!!」と安堵していました

股を広げている姿を見られなくて良かった

わたしの出産した病院ではドラマのようなケープがかかっていませんでした。

そして、足は長い布で分娩台に固定された状態。

 

ようは丸見え…

本当に恥ずかしかった…涙

 

心の底から、「夫がいなくてよかったーーー!!」と思っていました

産後もちゃんと女として見られている

産後、女として見られなくなるとかはもちろんありませんでした。

そもそも、1年ぐらいは夜泣き対応で頻繁に起こされたこともあり、わたしがそうゆう気分になりませんでしたが…

 

でも徐々に再開。

 

今は夫婦仲良しです!!

 

もちろん、こちらのツイートのように立ち会い出産しても大丈夫な夫婦もいます。

人それぞれ。夫婦それぞれですね。

立ち会い出産をしない場合は、夫のフォローをしてあげて

 
息子が生まれた日は休日だったため、陣痛中は夫が側にいてくれました。

そのため、わたしが分娩室へ移動するときに、夫も助産師さんから移動を促されていました。

 

断りもせず固まっている夫…困っていそうな姿は笑えました。

断りにくいよねと思い、「わたし1人で産みます」と助産師さんに伝え、夫をフォローしました。

 

後日、夫にそのときのことを聞きました。

案の定、立ち会い出産が主流だから、情けないと思われそうで自分から断れなかったと言っていました。

だから、わたしが「1人で産みます」と言ってくれて助かったと話していました。

 

立ち会い出産をしないと決めた方は、ご主人のフォローもしてあげるといいかもです。
 

正直、それどころじゃないよ!!って話ですが

 

余談ですが、立ち会い出産をしない場合でも、陣痛に耐えている姿はご主人に見せられるといいと思います。

わたしは初産で6時間のスピード出産でした。

(記録上は3時間25分)

 

でも夫は、

「自分が想像していた以上に痛そうだった。その痛みに耐えて、かわいい息子を産んでくれた」

と感謝してくれています。

 

こちらのツイート主も同じみたい。

 

ご夫婦で話し合い、すてきな出産になることをお祈りしています♪