ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

一人っ子でいい!3兄弟のママになる夢を諦めて息子1人に決めた理由

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

3姉弟の一番上として育ったわたし。

学生の頃から、『できれば子どもは3人ほしい』と思っていました。

 

20代後半から30前半で3人産むことを計画。
当時の彼氏(今の夫)に、「25歳までにプロポーズしてくれないなら別れるから」と発言したほどです(笑)

 

しかしながら、産後、その考えがガラッと変わりました。

現在は3歳の息子が一人。

『一人っ子でいいかな』と、99%一人っ子の予定です。

 

今回の記事では、わたしが『一人っ子でいい』と考えるようになった14個の理由をご紹介します。

 

一人っ子でいいのか悩んでいる方にぜひ読んでもらえたら嬉しいです

 

 

一人っ子でいい!3兄弟のママになる夢を諦めた理由

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

『子どもは一人でいいかな』と考えるようになった理由は、次の通りです。

 

  1. 教育費・生活費に3,000万円はかかる

  2. 妊娠中の身体の変化が苦痛だった

  3. 妊娠中の食べ物の制限がつらかった

  4. 妊娠中の精神的ダメージが大きかった

  5. 陣痛、出産時の痛みが想像以上だった

  6. マタニティーブルーになり、産後うつになりかけた

  7. 断乳後の体調不良がつらかった

  8. ワンオペ育児がつらい

  9. 子ども一人で手いっぱい

  10. 自分の時間がないのがつらい

  11. そもそも子育てに向いてないと気づいた

  12. 兄弟がいることがプラスになるとは思えない環境で育った

  13. 一人っ子がかわいそうではないと感じた

  14. 子ども全員を同じ愛情を持って育てられる自信がない

 

これらについて、詳しく説明したいと思います。

 

 

教育費・生活費に3,000万円はかかる

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

  • 小中学校は公立に通わせる予定

  • 高校は公立が希望だけど、受験の合否次第だからわからない

  • 大学も国立・公立が希望だけど、こちらも受験の合否次第だからわからない

  • わたしも夫も理系だから、息子も理系だろう

  • 大学院にも行く可能性がある

  • 学費は全額出してあげたい

 

このようなことを考えていると、教育費・生活費で3,000万円は必要だろうと考えています。

 

子ども2人なら6,000万円!?

子ども3人なら9,000万円!?

…難しいと思います。

 

それに、家族で外食や遊びや旅行も楽しみたいです。

おしゃれだってしたいし、たまには夫婦でちょっといいレストランに行きたい。

 

がっつりフルタイムで働いてまで、子ども2人、3人育てよう!!という気持ちは正直なところありません

 

妊娠中の身体の変化が苦痛だった

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

つわりは軽い方でした。

でも、だるかったです。

 

また、足のむくみが酷すぎました。

例えるなら大根のよう…

歩くときはもちろん、寝る前など何もしていないのにしんどかったです。

 

そして、お腹が出ている体形があまり好きではなかったのです。

妊娠発覚直後は、マタニティーフォト撮りたいな♪なんて浮かれていましたが、嫌になりやめました。

でも、スマホカメラで数枚ほど普段着での妊婦姿を撮っていたので、それは後々良い思い出になりました。

 

お腹が出ている体形が好きではないことを、母親失格のように感じ誰にも言えませんでした。
わたしぐらいでしょうか…?

 

  

妊娠中の食べ物の制限がつらかった

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

生卵やお刺身が好きなので、それを我慢しなければいけないというのはきつかったです。

あまり我慢しても精神的に良くないかなと思ったので、たまに食べてしまいましたが…。

 

お酒は苦手なので、飲めなくても気になりませんでした。
お酒好きな方だとつらいですよね…

 

妊娠中の精神的ダメージが大きかった

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

もともと精神的に落ち込みやすいタイプのわたし。

女性ホルモンのバランスの乱れもあったのか、妊娠中はけっこうひどい状態でした。

また、あのような精神的な不調にはなりたくないです。

 

息子を出産した今は、精神的にも強くなりました。
でも、息子を育てながらの二人目妊娠は、絶対にわたしのキャパシティを超えるので、精神的に参ってしまうと思っています

 

 

出産時の痛みが想像以上に痛かった

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

『陣痛がこんなに痛いってわかっていたら、そもそも妊娠しなかった!!』と何度も思っていました。

すごく痛かったということは覚えています。

でも、不思議なことで、出産時の痛みは普通に忘れてしまいました。

 

▼出産時の記録を綴っています。

 

マタニティーブルーになり、産後うつになりかけた

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

母乳をうまくあげられない…

1時間程度で泣くから眠れない…

怖い助産師さんがチクチク言ってくる…

小さな個人病院で個室たけど、音漏れがひどくて気になって休めない…

と、入院中、マタニティーブルーになりました。

 

ささいなことが重なって、涙が止まらない日もありました。
『母親になったんだからしっかりしなきゃ』と必要以上に自分を責めてしまったように感じます

 

また、産後1か月は実家でお世話になりました。

でも、両親とうまくいかず、嫌味を言われたり…あまりいい思い出はありません。

そのせいか、産後うつになりかけました。

 

 

断乳後の体調不良がつらかった

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

息子が2歳0か月のときに断乳しました。

それからというものの、原因不明の体調不良に悩まされました。

体のだるさ、頭痛、精神的な落ち込み、イライラなど、3か月間ほぼ毎日続きました。

 

後に、断乳によりホルモンバランスが乱れた結果、体調不良に陥ってしまったことがわかりました。

生理前のPMSもひどかったです。

 

婦人科で薬をもらっても効果は得られず…
幸い、女性に特化した鍼灸院での治療を受け、体調は回復しました

 

体が思ったように動かないこと。

また、動かないことに対する罪悪感。

イライラしたくないのに、すぐにイライラして、キレてしまうこと。

そのことにより、息子に悪影響を与えているという罪悪感。

 

自分の意思に反して、女性ホルモンに振り回された日々は本当につらいものでした。
また同じ思いはしたくありません

 

ワンオペ育児がつらい

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

夫は激務で、帰宅は早くて22時。

忙しい時期は毎日終電、徹夜で帰らない日や休日出勤は日常茶飯事です。

 

ワンオペ育児がつらく、何度もキャパシティを超えています。
この状態だと一人が限界です…

 

 

子ども一人で手いっぱい

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

息子は、生まれたときから不安感が強いのかよく泣く子でした。

そのためか、けっこう手がかかります。

 

仰向けの体勢が嫌なのか、置いたらすぐに泣いてしまう。

だから、生後4か月ごろまで毎日22時間以上は抱っこしていました。

抱っこやおんぶをしながら、家事をするのが当たり前。

自分のお風呂は、夫が帰宅した深夜に入りました。

寝るときは、わたしの体の上に横にして眠らせていました。

2歳で断乳するまで、夜間1~2時間おきに起こされ授乳。

眠りが浅く、「う~」と言う息子の声で目が覚めるのもしょっちゅうでした。

2歳代はイヤイヤ期も始まり、思い通りにならないたびに大泣きしました。

外出先で床に寝転ぶことなんてしょっちゅう。

体力もつき、抱っこでなだめるのが大変になってきました。

 

息子しか育てたことないけど、ここまで手のかかる子はいないと思います(苦笑)

2人目がこのような状態だったら、家庭が崩壊するのが目に見えています…

 

そういえば最近、3歳5か月になってはじめて、夜中一度も起こされずに眠ることができるようになりました!
妊娠中から現在まで約4年間、熟睡できた日なんて片手で数える程度です…

 

▼なかなか寝ない息子の寝かしつけの記録を綴っています

自分の時間がないのがつらい

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

  • ワンオペ育児で夫に頼れない

  • 手のかかる息子のお世話

  • その他の家事

 

などで、自分の時間が取れないのはつらかったです。

 

最近は少しだけ、息子の子育てが落ち着いてきました。

また、保育園にも通うようになり、やっと自分の時間が増えてきました。

 

これから手が離れて楽になる方向なのに、また一から子育てしたいとは思えないです…

 

 

そもそも子育てに向いてないと気づいた

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

離乳食はめんどうだし、食べ物をぐちゃぐちゃされるのが嫌でした。

部屋が散らかってしまうのも、寝かしつけも好きではありません。

 

遠くに行きたくても、子連れで移動は大変。

近くの公園や児童館に行って、ママ友に気を遣う日々…

息子と遊ぶのは楽しいし、ゆっくり散歩するのもいいけど、一人分で十分。

2人目、3人目と何年も続くと考えたら、正直しんどいです。

 

息子を産んで、わたしは根本的に子育てに向いてない性格なんだと気が付きました

 

兄弟がいることがプラスになるわけではないと感じた

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

わたしは3人姉弟です。

弟や妹とは仲が良く、弟や妹がいること自体に不満はありません。

 

わたしが不満だったのは、母との関係です。

わたしと弟が小さい頃、母は精神的に余裕がなく、精神疾患を患っていました。

そのため、“上の子”であるわたしは、母のヒステリーやイライラの標的でした。

 

弟や妹がいなければ、母に余裕ができ、たくさんの愛情を与えられたかもしれない。
そのほうが幸せな人生を送れたのかも…と、とりとめもないことを考えてしまいます

 

▼母親のイライラが子供に与える影響について実体験をもとに綴っています

 

▼わたしの場合は、母との間で愛着関係をしっかりと築くことができませんでした。

愛着障害を患うと、生きづらさなど人生がうまくいかなくなる原因となります。

こちらの本に詳しく書いてあります。

 

 

 

一人っ子がかわいそうではないと感じた

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

一人っ子はわがままになる…

一人っ子は協調性がない…

 

と、一人っ子を非難する風潮がありますよね。

 

でも、そうではない一人っ子を知っています。

そして、親からたくさんの愛情を与えられて育った一人っ子は、人間性が優れているように感じます。

 

わたしの夫は一人っ子です。

愛されて育ったから、自己肯定感がとても高いです。

自分に自信を持っています。

そして、周りにも優しく、友達がたくさんいます。

経済的にも精神的にも自立しています。

 

このような夫を身近でみているわたしとしては、一人っ子がかわいそうとは到底思えないです。

また、夫と同じようなタイプの一人っ子の友人もいます。

 

夫と友人を身近で見ていると、一人っ子がかわいそうだとは思わなくなりました。
自分の経験もふまえて、一人っ子が良い・悪いではなく、どう育てられたのかが大事なのだと感じています

 

子ども全員を同じ愛情を持って育てられる自信がない

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

いまは息子一人なので、全力で息子を育てることができます。

全力で愛情を伝えることができます。

 

でも、2人、3人と子どもがいたらそれは難しいことだと思います。

また、子どもが増えれば増えるほど、母親にかかる負担は大きくなります。

肉体的、精神的、経済的な余裕が減ります。

その結果、わたしの母と同じように、子供に八つ当たりするのではないかと怖くなります。

 

もしかしたら、母の存在を補ってくれるのが姉弟の存在なのかもしれません。
でも、自分の経験上、兄弟の存在よりも母親の愛情を感じられることが大切だと考えています

 

子どもへの愛情は、子供の性格や人生を左右するもの。

だから、もし2人目、3人目と育てるなら、いまの息子と同じ愛情を与えたい。

そして、いまの息子への愛情を変えることなく、そのまま息子に愛情を与え続けたい。

 

兄弟全員を同じ愛情を持って育てられる自信がない以上、兄弟を望むことはやめたほうがいいと考えるようになりました。

 

あくまで個人の意見です。
兄弟がいることのほうが大切という意見もありだと思いますし、否定はしません

 

 

一人っ子でいい!と背中を押してくれる本の紹介

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

 

子育てカウンセリング歴27年の諸富祥彦氏の本。

 

 

一人っ子のネガティブイメージに根拠はない

罪悪感をもたなくていい

兄弟間の競争がなく、親の愛を独占できるから子どもの心が安定する

と、一人っ子ママを応援してくれる本。

 

また、

わがままにならないか心配

打たれ弱い子にならないか心配

といった、一人っ子特有のマイナスポイントを補う子育ての仕方についても書かれていました。

 

反抗期、親離れ・子離れに関しても書かれており、まだまだ手元に置いておこうと思っています

 

 

 

一人っ子でいい!子どもの数より大事なのはお母さんの余裕

一人っ子でいい!兄弟のママになる夢を諦めて子ども一人に決めた理由

長くなりましたが、わたしが『一人っ子でいい』と考える理由を綴りました。

 

子育てをしていくなかで、“経済的余裕”、“肉体的余裕”、“精神的余裕”が大切だと考えるようになりました。

わたしの場合は、圧倒的に精神的余裕がありません。

 

これだけ理由を挙げても、妊婦さんや赤ちゃんを見ると、『羨ましいなあ~』という気持ちが少し出てきます。

恐らく本能的なものです。

でも、論理的に考えると兄弟ママになるのは難しいので、息子を大事に育てていきたいと思っています。

 

▼一人っ子のデメリットになりやすい集団生活に関しては、一時保育を利用して補っています