ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

Nebioの木製ベビーサークルをおすすめする4つの理由

少し前にさよならしたベビーサークル。
2年間大活躍してくれました。
忘れないうちに紹介しておこうと思います。

Nebio(ネビオ)の木製ベビーサークル

我が家ではこちらのベビーサークルを使用していました。
ハイハイをはじめて、色々いたずらをするようになった生後7~8か月の頃からです。

▼8枚パネル(AMAZONは在庫なし(2018.11.13))

▼6枚パネル

口コミ&感想

1. 広々使える

我が家は8枚パネルを購入しました。
そのうち1枚はドアです。

8枚を正方形に並べて、リビング全体を囲っていました。
約180cm×約180cmなので、広々と使えます

2. インテリアになじむ

我が家は賃貸住まいで子ども部屋がないため、大人がくつろぐリビングに派手な色使いのものを選びたくありませんでした。

一方、Nebioのベビーサークルは、シンプルイズベストでとてもすてきでした。
天然木のパイン材で、ナチュラルとダークブラウンと選ぶので、多くのご家庭のインテリアになじむと思います。

3. レイアウトが自由自在

正方形や長方形、正八角形(正六角形)と、お部屋に合わせて自由にアレンジできます

我が家では、息子が1歳のころまではリビング全体を囲んで使用していました。
たくさん歩くようになって閉じ込めておくのが可哀想になり、触られたくないテレビ台を囲うかたちになりました(見づらくてごめんなさい)

インテリアになじむNebioの木製ベビーサークル。レイアウト自由自在

インテリアになじむNebioの木製ベビーサークル。レイアウト自由自在

4. 高さがあり、ドアつき

Nebioのベビーサークルは高さが65cmと、一般的なベビーサークルに比べると高さがある印象です。
なので、私(女性)が跨ぐのは大変でした。
それを補う代わりに、パネルの1枚はドアタイプとなっています。

ちなみに、このような低い(56cm)ベビーサークルもあります。

私が敢えて高さのあるNebioのベビーサークルを選んだ理由は、子どもの転落防止を防ぐためです。
56cmのベビーサークルは柵の上から身を乗り出そうとして、頭から落ちてしまうのではないかなと不安になったからです。
子どもは大人に比べて重心の位置が高いので、こんな事故が起きたら嫌だなと思いました。

おすすめです

以上4つの理由から、Nebioのベビーサークルをおすすめしました。
ちなみに2年間使用しましたが、丈夫でまだまだ使える状態でした。
(我が家は模様替えしたのと、二人目の予定がないので処分しました)

▼8枚パネル(AMAZONは在庫なし(2018.11.13))

▼6枚パネル

www.rikejoshufu-kiyu.com

www.rikejoshufu-kiyu.com