ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

「僕と他のきょうだい、どっちが好きなの?」と聞かれたときに読んでほしい話

上の子から、「僕(私)と赤ちゃん、どっちが好き??」と聞かれることありますか?

先日会ったママ友は、最近お兄ちゃんがこのような発言をするそうです。
寂しい思いをさせてるなあ…と罪悪感を感じているとのこと。

でも私は、このように聞いてくるのならそこまで深刻にならなくても大丈夫じゃないかなと思っています。

そう思う理由を、元・上の子(私、弟、妹)の立場で書いていきます。

「どっちが好き?」と質問をする子の心理状態を推察

「僕(私)と赤ちゃん、どっちが好き?」と聞く子どもの心理状態を考えてみました。

*~*~*

赤ちゃんが生まれてから、ママは赤ちゃんの相手ばかり!!
僕(私)と一緒に遊んでくれない…
それに最近は僕(私)に対して怒ることが多い…

ママは、僕(私)のこと大好きなはずなのに!!

もしかして…もしかしてだけど…僕(私)のこと嫌いになっちゃったの…?

「ねぇママ…僕(私)と赤ちゃん、どっちが好き?」

*~*~*

このような質問をする子は、本心では『ママは僕(私)のこと大好きなはず!!』って思っていると思うんです。
でも、『ママの関心や態度が赤ちゃん(他の子)に向いてる』と感じているから不安になるんだと思います。
字を大きくしたところです。

だから、『ママは僕(私)のこと好きなはず…』と、思えているうちは大丈夫かなと思います。

『僕(私)は愛されていない…』と思う子どもの心理状態を推察

これ、昔の私ですが。。

私は親から愛されてないと思っていました。
そして、誰からも愛されてない存在だと思っていました。。
なので、悲しいことに気持ちがよくわかります。。

『僕(私)は、ママから愛されていない』と本心で思っている子どもは、「僕(私)と赤ちゃん、どっちが好き?」と聞きません。

なぜ聞かないのか。
単純に怖いからです。

『僕(私)より、赤ちゃん(他の子)を好きに決まっている…』と思い込んでいるんです。
だから、『ママに「どっちが好き?」って聞いたら、「他の子」って返事をする』と思い込んでいるんです。

大好きな母親に、自分じゃなくて、「他の子が好き」って口に出して言われたら…
死に値します。
生きていけないです。

だから、「僕(私)と赤ちゃん、どっちが好き?」なんて聞かないんです。
怖いから。

「どっちが好き?」と聞かない子どもは、『愛されていない』と思い込んでいるということ?

じゃあ、「僕(私)と赤ちゃん、どっちが好き?」って子どもが聞かないのってよくないことなの?
すでに『自分は愛されていない』と思い込んでいるということなの?

ってなりますよね。


それは正直わからないです。

過去の私みたいに、『僕(私)は愛されていない』と思い込んでいる子もいると思います。

でも、『僕(私)は愛されているのが当たり前』って思っているから、あえて聞く必要がないという子もいると思います。

子どもに『自分は愛されている』と思ってもらうにはどうすればいいのか

子どもに『僕(私)は愛されてる!!いえーい!!』と思ってもらう簡単な方法。

それは、日ごろから子どもに「好き」と言い続けることです。

*~*~*

○○ちゃん、ほんと可愛いなぁ~~

好き!好き!!
だぁ~い好きだよ~~

ぎゅーっっ♡♡
ちゅーっっ♡♡

○○ちゃんがいて、ママとっても幸せだわぁ~~

*~*~*

↑みたいな感じ。

ちなみに、誕生日とか喧嘩した後とか特別なときではなく、日ごろから「好き」と伝えられるといいですね。
私は遊んでる最中とかしょっちゅう言ってます。
「ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ~♪」とか歌いながらハグしてます。

これでもか!!っていうぐらい言葉と態度で伝えています。
こんなふうに愛情表現されている息子は、『僕はママから愛されるのが当たり前!!』と思っていると思います。
いいなぁ~息子。

ちなみに最初は恥ずかしかったです。
「好きだよ~」ぐらいにしか言えなかった。
でも慣れます。
そのうちノリノリで言えると思いますよ。

まとめ

ちょっと話が脱線してしまいましたが…無理やりまとめます(´Д`;)笑

冒頭のママ友のように、お兄ちゃんが「僕と赤ちゃん、どっちが好き?」と聞く状態。
『僕は愛されているはずだけど…不安』と思っている状態だと思います。
だから、この段階ならまだ大丈夫だと思う。
でも不安になっているので、不安を感じさせないぐらい、日ごろから「好き、好き♡」と伝えてほしいです。

そして、そうは聞かれてない人でも普段から愛情を伝えてほしいです。

長くなってしまったので、今日はここまで。
私が大げさな愛情表現をする理由についても、また書きますね。

★★続きはこちら★★

www.rikejoshufu-kiyu.com