ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

月経周期と体調の変化を夫に伝えて、日々助けてもらっている話

珍しいのかなと思いますが、私は夫に自分の生理のことなどを逐一報告しています。

 

報告するようになったのは、産後の生理再開で、PMS(月経前症候群)によるイライラに振り回されるようになったから。
また、断乳後はホルモンバランスが乱れたからか、3ヶ月ぐらいだるすぎて体が動かないこともありました。

幸い今は漢方薬の服用や、鍼灸院に通院することで、昔のような異常なイライラや、異常なだるさは改善しています。

でもまだ少し、毎月来る生理や、排卵日、生理前の体調不良に悩まされています。

そして私の場合、このような時期にいつもどおり家事育児をこなそうとすると、イライラが募ったり、体調を崩してしまいがちになります。

 

なので、少しでも『体調がいまいちだ』と感じたら、夫にこう↓伝えて身体を休めてます。

「今日生理になってね、ものすごーくだるいの。ご飯作れないから食べてきてくれる?」

「生理中で眠気が異常だから…明日の朝起きられないと思うけど、よろしく」

「なんだかすごく疲れちゃったから、洗い物お願いしていい?そろそろ排卵日だからかなぁ」

「生理前だからかイライラがひどいの。だから今日は何もしたくない。夜は外食かデリバリーにしようと思うんだけど」

正直、男性である夫に生理の話をすることは少し戸惑いもあります。
でも、「体調悪い」とだけ言うよりは、夫からの理解を得やすいかなと思って伝えています。

 

また、
意識して伝えていくうちに、自分の気持ちに変化がでてきました。

それは、『自分の体調が悪いときに夫に助けてもらうことは当たり前』と思えるようになったこと。

自分ひとりで頑張ろうとしていたときより、生きやすくなったのは言うまでもないことですね。