ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

【出産記録】初産で3時間半!運動なし引きこもり妊婦がスピード出産した話

【出産記録】初産で3時間半!運動なし引きこもり妊婦がスピード出産した話

息子の出産記録です。

  • 第一子

  • 胎児の体重(予測)が4,000g弱

ということもあり、長丁場になることを想定していました。

 

が、記録はまさかの3時間25分!!

 

私の母が私を出産したときは、陣痛10時間とのことでした。

だから、遺伝によるものではなさそうです。

 

そして、妊娠中もほとんど運動せず、家に引きこもっていました。

 

でも、スピード出産で安産。

そのときの記録を綴っていきます。

こんな人もいるんだなと思って読んでもらえたら嬉しいです。

【出産記録】初産で3時間半のスピード出産した話

  • 36週
  • 2日前&前日
  • 当日

上記の流れで、出産までの記録を書いていきます。

【出産記録】36週

臨月にはいる一週間前のこと。

 

内診で子宮口2cm開いていると判明。

息子は大きめなので、予定日より早く生まれるかもしれないと先生からお話がありました。

 

帰宅後、急いで入院準備に取り掛かりました。

 

でも、しばらく音沙汰なし…

【出産記録】2日前&前日

出産2日前(予定日の3日前)

早く生まれるかもしれないと言われているのにも関わらず、生まれない…

今まで全然運動していなかったこともあり、普段より遠くのスーパーまで往復40分ほど歩きました。

 

出産前日(予定日の2日前)

妊婦健診へ。

相変わらず、子宮口は2cmで36週から変わらない…

内診グリグリ?をされ、翌日NSTやるから10時までに来てねと言われ、帰宅。

行きはバスでしたが、帰りは40分ほど歩いて帰りました。

【出産記録】当日

8時

午前中に妊婦検診の予約があったため、8時に起床。

起きてから、“腰”に生理痛のような痛みを感じました。

しかし、時間の間隔はなく、ずっと痛い&重い状態

ほんの少量ですが、出血もしていました。

 

後になって、これが陣痛だと気づくのですが、そのときは気づきませんでした。

その理由は、次のような思い込みがあったからでした。

- 陣痛というものは15分間隔で始まる

- 我慢できない痛み

- 腰ではなく、お腹が痛くなる

  

これが前駆陣痛かなぁ~なんて考えていました…
(アホすぎ自分)

 

10時前

バスで産婦人科の最寄りのバス停まで移動中、振動からか、だんだん痛みが強くなる…

耐えきれない…

 

これまさか陣痛じゃなの!!!???

と思い、バスの車内で痛みの感覚を計測したら…

 

なんと4分間隔!!!

 

ずっと腰痛いなぁと思ってたけど、痛みのなかにも重い痛みと軽い痛みの波があることに、その時初めて気がつきました。

 

普段なら、バス停から産婦人科までは5分程度も道のりですが、休み休み15分ぐらいかけて歩きました。

 

すっごく辛かった…

 

看護師さんに事情を説明。

トイレでは大量出血。

優先的に内診。

 

すると、

子宮口7㎝!!

 

そのまま入院&出産へ。

 

その時に先生(男性)から、

「この程度の痛みじゃ産めないから、促進剤打とうね」

と言われ…

 

この程度って…
こんなに痛いのに男のお前に何がわかるんだーーーー!!!!

と心のなかで毒づいてしまったのもいい思い出(笑)

 

同時に、『これ以上痛くなるなんて無理…』と憔悴していました…

 

11時前

少量の促進剤を打ってもらい、より強くなる痛みに悶絶…

たしかに先ほどとは比べ物にならない痛み…

 

余談

夫、わたしの両親が到着。

陣痛中のわたしを見た男性陣。

 

父:明らかにドン引きして、「生まれたら来るね」と言い残し即帰宅…

↑母の出産は仕事上立ち会えず経験値ゼロ

 

夫:陣痛の衝撃で内蔵が破壊されたんじゃないか…と考えていたとか(笑)

 

ほんと男性陣には想像できない痛みだと思います。
わたしも『こんなに痛いならそもそも妊娠なんかしなかった!!』と思っていました…

 

13時前

外来対応に追われていた先生が到着。

内診後、子宮口全開で分娩室へ。

 

「まだ産まないで」と、いきみを逃すように言われていたときが、一番地獄でした…

 

14時過ぎ

分娩室移動してから1時間。

出産&息子誕生!!

 

無事に生まれてきてくれて安堵しました…

 

朝8時に起きて、14時に出産したわたし。

初産にも関わらず、6時間のスピード出産でした!!!!

 

ちなみに、わたしの場合、

分娩所要時間は3時間25分!!!!

【出産記録】初産で3時間半!運動なし引きこもり妊婦がスピード出産した話

  

朝の時点で陣痛と気づかず、陣痛開始時間を記録していなかったため、記録上は促進剤を投入した時間から計測されていました。

 

ちなみに息子は3,600g超えのビッグベビー。

 

先生や助産師さんは出産が長引くと覚悟していたそうです

 

↓ダラダラ妊婦でもスピード出産の仲間がいました♪

出産記録を綴りながら「あのときしておけばよかった」と思うこと

以上、わたしの出産記録をご紹介しました。

 

運動なし引きこもり妊婦でも、スピード出産&安産だったよ!!

と書いていますが、やはり少しは運動しておけばよかったかなと思いました。

 

というのも、産後は昼夜問わず、新生児のお世話…

息子は本当に寝ない子で、両親のサポートはあったものの、体力不足はひしひしと感じました。

 

そして、男の子はよく動く!!

公園に行くようになってからは、自由奔放に歩き回る息子をずっと追いかけなきゃいけないので大変でした。

3歳の今ではわたしより、走ること多いかも…

 

男の子ママは体力づくりが大事です!!

 

☆こちらの記事も読んでもらえたら嬉しいです☆

立ち会い出産はしないで正解!ひとりで産んだ体験談を赤裸々に書いてみた - ごきげんママの子育て論