ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

断乳するならアンパンマンと絆創膏が大活躍!2歳の成功体験談を紹介

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

息子が2歳になってすぐ、断乳をすることに決めました。

離乳食も幼児食もほとんど食べず、2時間ごとにおっぱいを飲む息子。

断乳が成功するのか不安でした。

 

過去には、夜間のみの断乳を試したことがあります。

が、どちらも失敗。

 

そのときの経験を踏まえて、今回はアンパンマンとともに再チャレンジ!

(もちろん、夫も)

 

結果…

 

無事に断乳を成功することができました!!
さすが!子どもたちのヒーロー、アンパンマン!!

 

今回の記事では、子どもたちが大好きなアンパンマンと、断乳を乗り切る方法をお伝えします!

 

  • 事前の声掛け

  • 時系列の記録

 

について、詳細に記録しているので参考にしてくださいね。

 

▼アンパンマンで断乳を乗り切った後、わたしは1か月以上体調を崩しました。

原因は、断乳後に女性ホルモンのバランスが乱れたこと…

こちらの記事には、そのときの症状と治療内容を綴っています。

 

 

 

断乳をアンパンマンと絆創膏で乗り切った話 【失敗→再チャレンジした経緯】

1歳の失敗を乗り越えて、2歳でアンパンマンの絆創膏を使って断乳した記録

 

今回の断乳では、絆創膏にアンパンマンの絵を描いて、おっぱいに貼りました。

 

絆創膏を貼った理由は、次の理由からです。

 

  • 胸にマジックで絵を描くことに抵抗があった

  • 過去に断乳を失敗した経験があった

 

まずは、失敗した夜間断乳のことをお話したいと思います

 

 

過去の失敗とその原因

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

前回の断乳は、1歳0か月と1歳8か月のとき。

 

当時の息子は、夜1~2時間ごとに添い乳する癖がついていました。

たびたび起こされるわたしは眠たくてしょうがない…

 

『ぐっすり眠りたい!』 という思いから、長期休みを利用して、夜間断乳を試みました

 

そのときは、夫に息子と寝てもらい、わたしは別室で過ごしました。

数日経って、大泣きしながらもトントンや抱っこで眠れるようになりました。

 

休み明けから、わたしも一緒に寝るようになりました。

ところが…

 

飲まなくても大丈夫だったのに、となりで寝ていると、おっぱいを欲しがられました…!

 

最初のうちは起き上がって対応。

大泣きしても、トントンしたり、抱っこで寝かせたりしていました。

 

でも、夜1時間ごとに起こされる生活が続く。

日中は子どもの相手で昼寝はわずか。

結果、眠すぎて起き上がれず…

いつのまにか、息子に服をめくられて飲まれてしまい、夜間断乳は失敗してしまいました。

 

このときの失敗談から、自分でおっぱいを飲める状態はよくないと理解しました。

 

今回は完全に断乳するし、乳首に絆創膏を貼って、物理的に飲めないようにしょうと決めました

 

 

絆創膏で再チャレンジ

絆創膏は、ケアリーブの大判タイプを使いました。

 

 

そこにアンパンマンのイラストを描きました。

 

 

最近見つけたんですが、アンパンマンの絵のついた絆創膏もあります。

こちらも断乳にはもってこいだと思います。

 

 

約3週間ずっとアンパンマン絆創膏を貼っていたところ、肌がかぶれてしまいました…
肌が弱い人は注意してくださいね

 

 

断乳をアンパンマンと絆創膏で乗り切った話 【2歳の成功体験談】

1歳の失敗を乗り越えて、2歳でアンパンマンの絆創膏を使って断乳した記録

 

断乳の記録をご紹介します。

事前の声掛け、日々の息子の様子を記録しています。

事前の声掛け

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

一週間前

 

突然おっぱいを飲めなくなるのは可哀想だと思い、断乳することを伝え始めました。

 

「そろそろおっぱいをおしまいにしようね~」

「これからはごはんをたくさん食べようね~」

「○○くんは大きくなったから、おっぱいバイバイしようね~」

 

といった感じ。

 

2歳になったばかりの息子が言葉の意味を理解できていたかどうかはわからないです

 

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

3日前

 

▼遅くなってしまいましたが、手書きのカレンダーで見える化をしました。

 

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

▼貼ってあるシールはこちらのおまけです。

 

 

 

 

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

前日  

 

どなたかのブログで、“アンパンマンがおっぱいをバイバイさせてくれる”というアイデアを見つけました。

急きょ、そのアイデアをお借りすることに決定。

 

「明日には、ママのおっぱいがアンパンマンになるんだって~」

「2歳のお兄ちゃんになったから、アンパンマンが来ておっぱいバイバイのお手伝いをしてくれるんだって~」

 

という声掛けを追加しました。

 

 

1日目

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

 

最後の授乳。

 

「これでおっぱいおしまいだよ」

「今までたくさん飲んでくれてありがとう」

 

と何度も伝えました。

授乳後、用意しておいたアンパンマンの絆創膏を貼りました。

 

日中

 

息子がおっぱいを飲もうと服をめくったら、飲めないことに気づきました。

とたんに、大泣き!!

 

「もうおっぱいバイバイなんだよ~」

「牛乳飲む?」

 

と伝えると、しぶしぶ飲んでいました。

 

その後も約1時間ごとにおっぱいをほしがり、大泣き…そのたびにお菓子や牛乳でごまかしていました。
また、牛乳をあげすぎたようで、うんちが白くなってしまいました…

 

そこで今度は、アンパンマンの動画とテレビ作戦!!

当時は動画もテレビもあまり見せていなかったので、特別感は強かったと思います。

 

▼断乳の1週間ほど前に、アンパンマンミュージアムで誕生日のお祝いをしてもらっていました。

その動画を見ながら、

 

「この前アンパンマンにお祝いしてもらったね」

「2歳のお兄ちゃんになったから、おっぱいおしまいだね~」

 

と伝えました。

 

 

▼アンパンマンやおかあさんといっしょ、新幹線のDVDなどを見せて、気をそらしていました。

 

 

 

 

大泣きする息子を見て、断乳はまだ早かったかなあ…という気持ちも芽生えました。
でも、『もう2歳だし!』、『ご飯しっかり食べたほうがいいし』と、自分の気持ちを納得させていました

 

夜中

 

夜はいつも通り、抱っこで寝かしつけて眠りました。

 

息子は目をつぶって寝た状態で、わたしの洋服を何度もめくっていました。

が、おっぱいを吸えないことに気付き、目が覚め、何度も泣いていました。

 

トントンで再び眠ることもありましたが、3回は完全に目を覚ましてしまいました。

牛乳を飲ませたり、夫に抱っこしてもらって寝ていました。

 

普段、添い乳をしているお子さんは、眠りながら飲んでしまいます。
勝手に飲まれてしまう心配がない“アンパンマン絆創膏”の効果はすばらしかったです!!

 

 

2日目

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

日中

何度かわたしの洋服をめくって、おっぱいを欲しそうにしていました。

でも泣くことはなかったです。

牛乳をあげたら満足した顔をしていました。

 

夜中

この日も抱っこで寝かしつけをしました。

夜中は2回起き、そのうち1回は大泣き。

牛乳をあげて、抱っこで入眠しました。

 

2日目になってわたしの胸がカチカチになって痛かったです。
冷却シートで冷やすと楽になりました

 

 

3日目

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

日中

午前中は、わたしの洋服をめくらずに過ごすことができました。

また、牛乳を飲まなくても大丈夫でした。

午後は、わたしの洋服を2回めくり、おっぱいを欲しそうにしていました。

 

その他

この日は、母親(わたし)への執着が強かったです。

 

絵本を読むのはママ!!

抱っこもママ!!!!

寝かしつけもママ!!!!!!

 

断乳中のホルモンバランスの乱れに、息子への対応…さすがに疲れてしまいました…

 

4日目

断乳をアンパンマンの絆創膏で乗り切った話。2歳の成功記録と1歳の失敗談をあわせて紹介

 

朝ごはんを食べるまでは、わたしの洋服を何度かめくりました。

でも、その後はおっぱいを欲しがらず、大泣きもしませんでした。

 

 

断乳をアンパンマンと絆創膏で乗り切った話 【食事・睡眠・健康に関する変化】

1歳の失敗を乗り越えて、2歳でアンパンマンの絆創膏を使って断乳した記録

 

その後、とくにおっぱいを欲しがることもなく、1か月が経ちました。

食事、睡眠、健康に関して、変化が見られたので綴っておきます。

食事のこと

1歳の失敗を乗り越えて、2歳でアンパンマンの絆創膏を使って断乳した記録

 

断乳前

おっぱいを欲しがるだけあげていたため、幼児食はあまり食べませんでした。

 

断乳後

断乳前の2倍は食べるようになりました。

 

体格が良くなり、久しぶりに会ったママ友にしっかりした体つきになったね~と言ってもらえました

 

 

睡眠のこと

1歳の失敗を乗り越えて、2歳でアンパンマンの絆創膏を使って断乳した記録

 

断乳前

夜中1~2時間ごとに起きて添い乳をしていました。

 

断乳後

夜中に起きる頻度が1~2回になりました。

 

息子とわたしの睡眠の質が格段に向上しました!!

 

健康のこと

1歳の失敗を乗り越えて、2歳でアンパンマンの絆創膏を使って断乳した記録

 

断乳前

めったに風邪をひかず、熱が出ても次の日には平熱に下がりました。

 
例外は手足口病のとき。

 

断乳後

1か月の間で2回、39℃越えの高熱が一週間続きました。

 

断乳前後に一時保育を利用するようになったので、その影響もあるかとは思いますが…

 

集団生活の影響は考慮しても、母乳の免疫力ってすごいなあと実感しました!!

 

 

断乳をアンパンマンと絆創膏で乗り切った話 【最初の3日間が勝負!強い意志を持って臨もう】

1歳の失敗を乗り越えて、2歳でアンパンマンの絆創膏を使って断乳した記録

 

断乳中は、息子が大泣きするたび心が痛みました。

『まだ早いかな、かわいそう…?』という思いが、何度もよぎりました。

 

でも、

 

『この機会を逃したら、しばらく断乳はできない』

『夜、何度も起こさる生活はもう嫌だ』

『しっかりごはんを食べるようになってほしい』

『もう2歳になったんだから大丈夫』

 

こうやって、自分の気持ちを納得させることで、断乳を成功することができました

 

大泣きする子どもを前にしたら、断乳やめようかな…と思うこともあるかもしれません。

でも、強い意志があれば大丈夫!!

そして、アンパンマン絆創膏があれば、睡眠時だって乗り越えられます!!

 

無事に断乳を乗り越えられることを応援しています!!

 

《関連記事のご紹介》

 

▼断乳後にホルモンバランスが乱れたことで、わたしは1か月以上体調を崩しました。

こちらの記事には、そのときの症状と治療内容を綴っています。

事前に知っておけば的確な対処ができると思います。

あわせて読んでもらえたら嬉しいです。