ごきげんママの子育て論

家族と笑って楽しく暮らしたい!!子育てママ応援ブログ♪

私もあなたもただ生きているだけでいい。それでいて誰かを幸せにできる

息子を育てていると、学ぶことが多いです。

そのうちの一つが、

私たちは、ただ生きているだけでいいってこと。

それでいて、

誰かを幸せにすることができるってこと。

そう思う出来事

3歳の息子は両家の初孫、初ひ孫です。

しかも、まだ他に孫、ひ孫はいない両家。

祖父母、曾祖父母のメロメロ度合は半端ないです。笑

 

にこーっと笑っただけで、可愛い可愛い。

機嫌悪くて大泣きでも、可愛い可愛い。

踊ったり、歌ったりするだけで、可愛い可愛い。

こんな感じ。

 

そんな息子と周りの様子を見ていると、

ただ生きているだけで周りを幸せにできるんだなって実感できます。

 

だって、

息子は祖父母、曾祖父母へのサービス精神で、

笑顔振りまいたり、踊ってみせたり、歌ってみせたりしているわけではないんですよね。

ただ自分が、

笑いたくて笑っているし、踊りたくて踊っているし、歌いたくて歌っている。

…それだけ。

 

しかも、機嫌が悪いや大泣きという負の感情でも、周りはそれを受け止めてくれる。

さらには、泣き顔が見れて嬉しいとさえ思わせてしまう。

私やあなただってそうだよ

でも、これって息子だけに当てはまるものじゃないんですよね。

生きていくうちにだんだん忘れちゃうけど、【私】や【あなた】だってそう

 

正直ね。

全世界の人全員が、

私に、ただ生きているだけでいいよ、

あなたに、ただ生きているだけでいいよ、

とは思っていないと思う。

 

でもね。

家族や友人など身近な人は、

私に、ただ生きているだけでいいよ、

あなたに、ただ生きているだけでいいよ、

って思ってくれている人なんだと思う。

そして、

私やあなたがただ生きているだけで、
その人は幸せに感じるんだと思う。

 

私はもともと、

誰かの役に立たなきゃいけない、

役に立たない私は生きている価値ない、

と思ってしまうタイプの人間だったので、

ただ生きているだけでいいんだな、

それでも周りは幸せになれるんだな、

というのは大発見でした。

 

息子のおかげ。

生まれてきてくれて本当にありがとう。

『もっと大変な人がいるんだから』と自分を奮い立たせてしまう人へ - リケジョ主婦の子育て, etc.

”生きる”を目的にしたら、20年思い続けた『死にたい』気持ちがなくなった - リケジョ主婦の子育て, etc.

ニコニコのママでいるために、子育てでやらないこと&やめたこと - リケジョ主婦の子育て, etc.