ごきげんママの子育て論

アダルトチルドレンで、愛着不安を抱えた私が母親に!? 生きづらかった過去と自分を癒すためにしたこと、子どもと私が笑顔で楽しく過ごすためにしていることをブログに綴っています。 ”自分がしたい子育て”ではなく、”子どもの望む子育て”をするために日々模索中(^^)

グループに入るのが怖い人へ。他人に受け入れてもらえず悩んでいた私が周りとの付き合いに積極的になれた理由

ほんの1~2年程前まで、他人敵視が強かった私。

でも息子の発達グレーがきっかけで、徐々に周りは優しいのかもと思うようになっていきました。

この話の詳細はこちらの記事に書いているので、もしよければ見てくださいね。

他人を敵認定していた私が、みんな優しいなぁ…と思えるようになったきっかけ - リケジョ主婦の子育て, etc.

 

でも…

本当は他人と関わるのが怖い!!

 

だって、30年近く傷つけられてきたんだよ。

そう簡単に「みーんな優しい♡」なんて信用できないよ。

今回はたまたま運が良かっただけ(>_<)

というのが、当時の本音でした。

 

そんな私でしたが、今では、「私って周りに恵まれてるなぁ~」と普通に思えるようになりました。

そのために考え方のトレーニングをしたわけですが…今回の記事では、その方法を紹介していきますね。

お金もかからない&胡散臭くない方法なので、安心してくださいね。

「他人は敵!怖い!!」を変える考え方を訓練しよう

ナリ心理学というブログはご存知ですか?

私はただの読者ですが、このブログに出会えたことで人生が大きく変わったような気がします。

 

記事数が多く見つけられませんでしたが、当時の私のように他人を敵認定してしまう人に向けて書かれたブログがありました。

 

その記事の内容を要約すると、

実際はどうなるかわからないのに、
”Aさんは私を傷つける嫌な奴” と決めつける自分のほうが、
よっぽどAさんより嫌な奴じゃないか?

と書いてありました。

 

その内容にハッとさせられたんですよね…

たとえば私の場合

わかりやすく書くために、私の体験談を2つ書きますね。

(case1)
子育て広場のイベントに参加したい。
でも、めったに行かないから、先生や他のママさん達に「今更来たの」と嫌味を言われちゃうかな…

(case2)
年度途中から療育に通い始めたから、すでにママグループができている。
一緒にお昼食べたいけど、「うざい」と邪魔者扱いされちゃうかな…

※療育が終わる時間が12:30と遅く、お昼ご飯を食べて帰る親子が多い状態でした

と、こんなことを考えていた時期がありました。

 

でも、

(case1)
「今更来たの」と嫌味を言われるかもしれない

(case2)
「うざい」と邪魔者扱いされるかもしれない

これって、どちらも私の推測ですよね。

まだ起きてない。

本当はいい人達の可能性もあるのに、”他人は嫌な奴”として私が勝手に思い込もうとしていただけなんですよね。

 

要するに…

(case1)
快く受け入れてくれる可能性がある。
それなのに、「あなたたちはどうせ私に嫌味を言うでしょ」と、勝手に悲劇のヒロインを演じて、心の底では相手を嫌な奴として扱っている。

(case2)
ママグループに入れてくれる可能性もある。
それなのに、「あなたたちはどうせ私のことうざいって思うでしょ」と、勝手に悲劇のヒロインを演じて、心の底では相手を嫌な奴として扱っている。

 

もうね、この考え方は衝撃でしたよ(゚Д゚;)

私…腹黒すぎる!!

まだ未来のことはわからないにもかかわらず、

私が勝手に「どうせ受け入れてくれないでしょ」と他人を敵認定していただけでした。。

 

で、いつものパターンなら、

(case1)
子育て広場のイベントに参加しない

(case2)
お昼食べずに療育終了後に即帰る

だったと思います。

実際、働いていた頃は、どうせ私は受け入れてもらえないから…と、一人で寂しく休み時間を過ごしていた時期もありました。。

 

でも、私の腹黒い考え方に気づいたので、ちょっと勇気を出してみることにしました。

(case1)
久しぶりでしたが子育て広場のイベントに参加してみました。
そうしたら、「全然来なかったから心配してたよ~」なんて、優しい言葉をかけてもらえました。

(case2)
お昼を一緒に食べることにし、話しかけてみました。
最初はぎこちなかったけど、今では1時間じゃ足りないぐらい話が盛り上がっています。

 

私の事例をまとめると…

他人は私を傷つける!敵かもしれない!!

推測で、勝手に悲劇のヒロインを演じていただけ。
心の底で、相手を敵認定してる私のほうがボス級に嫌な奴だわ…と気づく。

周りの人は、私のことを受け入れてくれるかもしれない。
”他人を敵” ではなく、”いい人” の前提で行動してみる(勇気を出す)

受け入れてもらえた!!
実際は大丈夫だった( ´▽`*)♪

 

私の事例をまとめると、こんな感じでした。

そして、その経験を繰り返すうちに、今では「ほんと私は周りの人に恵まれているわぁ♪」と思うことができるようになりました。

 

もうね、過去の私が今の私を知ったらびっくりすると思う!!

それぐらい変わった!!

あなたもできる!!

思考の考え方は筋トレと一緒で徐々に身についていくものだと感じています。

 

最初の頃は、

「私はどうせ受け入れてもらえない、傷つけられる」

って瞬間的に思ってました。

でも、

「いやいや、そんな風に思う私の方がよっぽど嫌な奴だわ。」
「大丈夫、周りの付き合いに参加してみよう」

と少しずつ勇気を出して、周りとの関わりに参加することができるようになりました。

 

そして、

1~2年かけて、周りとの付き合いが楽しくなるまで変わりました。

 

だからね、もし他人を敵認定しちゃう人でも大丈夫。

今は難しくても、少しずつ、少しずつ変われると思います。

 

それと、上記の事例では勇気出して行動したら、周りは優しかった♡というのを書いていますが、

勇気を出して行動したけれど、相手が嫌な奴だった(-"-)というのもありました。

そういう場合もあるのは、人間みんな価値観が違うからしょうがないんですが…そのようなときに私がどう行動したのかは、こちらの記事でご紹介しています。

【周りから敵を消すためにしたこと】嫌な人に出遭ったらときに実践した対処法2つ - リケジョ主婦の子育て, etc.

 

ちなみに、生きづらさを抱えている人には、こちらの記事もお役に立てるかと思います。

”生きる”を目的にしたら、20年思い続けた『死にたい』気持ちがなくなった - リケジョ主婦の子育て, etc.

『もっと大変な人がいるんだから』と自分を奮い立たせてしまう人へ - リケジョ主婦の子育て, etc.

私もあなたもただ生きているだけでいい。それでいて誰かを幸せにできる - リケジョ主婦の子育て, etc.

私のおすすめブログ【ナリ心理学】について

記事の途中でさら~っとふれた、ナリ心理学はたくさんの人に知ってほしいなと思うおすすめブログです。

勝手に紹介してもいいのかわからないけど、私のブログはアクセス数も少ないしいいよね(笑)

 

私の生きづらさはこのブログのおかげで解消されてきました。

また、私の子育てに関する記事の多くは、主に両親の子育てを反面教師にしたものを綴っていますが、ナリ心理学の影響も大きく受けています。

 

生きづらさを抱えている人、子育ての心理的な面で悩んでいる人には一度ブログを見てみるといいと思います。

おすすめはブログですが…ブログは記事数が多いので、概要をつかんでみるには書籍もあるので紹介しておきますね。